特別養護老人ホームに就職する前にチェック!

特別養護老人ホームに就職する前にチェック!

特別養護老人ホームで働く前に知っておきたい注意点についてです。
特別養護老人ホームは、寝たきりの方や認知症の利用者さんが多く入所されている場なので、介護の必要度が高いです。
私が介護職員として働いていたときは、日勤(8:30〜17:00)の1日のなかでおむつ交換が3回ありました。
利用者さんの入居数が20人以上いる施設だったので、人数が多いほどおむつ交換の回数も多いと思われます。
ただおむつ交換をするのではなく、担当する利用者さんが決まっていて尚且つ決められた時間内に終わらせなきゃいけないので、私はおむつ交換の時間が大変でした。
体重が重い方や男性の利用者さんのおむつ交換を担当するときは、寝返りをうってもらうときに、力が必用になるので時間がかかってしまうこともありました。
入浴介助は一般浴、機械浴(特浴、リフト浴)があります。
機械浴は一般浴に比べて操作の手順など覚えておかなきゃいけないことがありますし、利用者さんを機械浴に移乗するときも気を付けなければいけません。
24時間、365日、専門職による継続した介護が必用になり、介護職員の他に看護職員であったり、医師も職員構成に含まれるので、他職種との連携も必用になります。

ホーム RSS購読 サイトマップ